Home > 会社法務に関するご相談

会社法務、コンプライアンス推進

「新しくビジネスを展開したい、だけど法的に問題がないようにしたいが、どうしたらいいかわからない。」

「ブラック企業と呼ばれたくないが、いまのままでいいのか不安。」

事業者としてコンプライアンス(法令遵守)違反は社会的信用の失墜につながります。御社の法務部門に成り代わってサポートいたします。


「取引先の支払いが滞って困っている。」「取引先の信用が不安になってきた。」

なにも“法的措置”だけが手段ではありません。


まずはご相談ください。


会社・法人等設立手続き

「会社を作りたい。」「法人を設立したい。」

必要な定款の原案作成、認証手続き、その後に司法書士と連携して設立登記まで手続いたします。

設立後の会社法務に関するご相談もお受けいたします。


知的財産権のライセンス手続き

「取得した特許権・意匠権・商標権を第三者にライセンスして使用料で儲けたい。」

ライセンス方法には、専用実施権の設定や、通常実施権の許諾があります。通常実施権・通常使用権の許諾には契約の締結が、専用実施権・専用使用権を設定するには契約に加え特許庁への登録が、それぞれ必要です。

また、商標権の通常使用権を特許庁に登録しておくと、その後に商標権を譲り受けた者に対しても、その効力を主張することができます。


なお、出願手続きは行っておりませんのでご了承くださいませ。


契約書作成

契約書の作成をいたします。公正証書にする手続もお受けいたします。

契約には、必ず書面で契約しないといけないもの、公正証書にしないといけないもの、など特殊な契約があります。

また一方的に有利な契約書は、無効とされてしまうことがあります。


トラブルになる前に、専門家のアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

契約書に関するご相談を受け付けています。


なお、契約を締結するべきかどうか、等の判断は致しかねますのでご了承ください。

Page top

Last Update 2018/11/20 10:00:02.76